ジャニーズ

長瀬智也が事務所を退所する本当の理由は?今後の活動も!

こんにちは、Nikoです!

先日、TOKIOの長瀬智也さんがジャニーズ事務所を今年の3月で退社すると発表しました。

これには、ファンの方以外にもたくさんの方達が驚かれたと思います。私もその1人です。

では、なぜ長瀬さんはジャニーズ事務所を今年度いっぱいで退所してしまうのでしょうか?

そして、一番気になる退所の本当の理由とはなんでしょうか?退所後はどのような活動をされるのでしょうか?

そこで今回は「長瀬智也が事務所を退所する本当の理由は?今後の活動も!」と題して調べていきたいと思います。

事務所を退所する本当の理由は?

長瀬さんは以前から、今の状況に不満を持っていたそうで、ジャニーズ事務所を退社するという話はたびたび報じられていたようです。

長瀬さんは数年前から退社を検討されていたようですね。事務所とも何度も話し合いが行われていたようです。

もしかすると、長瀬さんをずっと見てきたファンの方なら、『ついに、この日が来たか!』と思った人もいたかもしれません。

 

山口達也さんが辞めてからは、TOKIOとしての音楽活動はなかったようです。それに対しても長瀬さんはストレスが溜まっていたようですね。

長瀬さん自身、作詞作曲も手掛けていて、TOKIOのメインボーカルもしてきたので本来ならば、音楽活動もちゃんとしたかったのではないでしょうか?

3,4年前から、音楽の方向性が違うことでメンバー内でも

 

なぜ3月で退所?

退所時期が3月と言われている理由としては、ドラマが大きく関係しているようです。

来年1月に放送予定の主演ドラマが決まっているようで、

そのドラマには、戸田恵梨香さんや桐谷健太さんも出演されるそうで

脚本は宮藤官九郎さんです! TBS系の毎週金曜の夜10時枠の連ドラだそうです。

『池袋ウエストゲートパーク』や『タイガー&ドラゴン』などで長瀬さんを一気に有名にした”クドカンドラマ”! 今回も宮藤さん脚本のドラマですので、期待が高まります!

このドラマが長瀬さんにとっては、最後のドラマとなるので

ある意味永久保存版のドラマになりそうですね!

今後の活動について

長瀬さんの退所後の活動について、調べていきたいと思います。

長瀬さんは、ジャニーズ事務所を退所することにより今後は表舞台ではなく

裏方として活動されていくようです。

他の事務所などには入ることはなく、裏方としてゼロから新しい仕事を創り上げていくこととなるようです。

まだ、個人事務所や会社を設立するなど具体的なことは決まっていないようですが

今後は、裏方として音楽関係の仕事や映像関係のクリエイティブな仕事をされていかれるのではないかと思います。

親族の経営するアパレルブランドの手伝いをしていたこともあるようなので、今後は長瀬さんのオリジナルブランドも立ち上げたりされるのではないでしょうか?

長瀬さん自身、ひげを伸ばしている時期があり、私服もアメリカンな感じで海外のファッションも好きなようですので

長瀬さんがデザインしたブランドなら、とてもファッションセンスも高く海外でも人気が出るのではないでしょうか?

そしたら、世界的にも有名なデザイナーになるかもしれませんね(期待を込めて)

退所後は本当に色々なことをされると思います。

趣味のスケボーやバイクをされたり、バンドもしていたようですので、音楽関係など様々なことをやっていくのでしょうね。

裏方としてクリエーターに転身して、芸能界も引退?と囁かれているようですが

いずれにせよ、4月からの長瀬さんの活動には注目していきたいですね。

今後の活動への期待の声

ツイッター上では、長瀬さんの今後の活動についてみなさんつぶやかれていますね。

と、皆さん楽しみにしているようです。やはり今後の活動は気になるところですが応援していきたいですよね!

ども、本当に裏方に回ってしまうのはもったいない気がします・・・

あんなイケメン滅多にいないですからねw・・・4月から新しいドラマや映画などで長瀬さんを観れないと思うと本当に寂しくなりますね。

ですが、長瀬さんのいいところを活かして今後の活動に期待したいですね!

長瀬智也がYouTube開設?インスタの裏垢画像が流出?こんにちは、Nikoです! 長瀬智也さんの事務所退所には衝撃を受けました。 もうテレビでは、長瀬さんを観ることが出来ないかも...

まとめ

今回は「長瀬智也が事務所を退所する本当の理由は?今後の活動も!」と題してお送りしました。

長瀬智也さんの退所の理由の一つとして、音楽活動ができなかったことが大きな要因だったようです。

4月は新しい門出、裏方としての今後の活動にも注目しつつ、活躍されることを願って応援していきたいと思います。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。